ページ内を移動するためのリンクです。

関西上陸!ウーバーイーツを頼んでみた!

ようやく、先月から関西にやってきましたUBER eats!!

「出前」「宅配」というと、昔からありましたよね~!
私も高校卒業式前日に、どうしてもやってみたかった「ピザーラを教室に呼ぶ」という悪行を実行した青春の思い出があります。
優越感ったらないですよね。

ちゃんと正門にバイクを止めて、お兄さんがめちゃくちゃえぇにおいを振りまきながら、3年2組まで~♪ま、怒られても「明日卒業しますんで!」っていう逃げ足の早さを見ると、ほんもののワルやないんですよね。先生も、「ええな~」って言ってましたが、次の年から校則に「学校にピザーラを呼ばない」というのが追記されてるかどうかは定かではありません。あの日食べたマルゲリータは、美味しかったなぁ~(※もちろん仲良しグループ4人で食べましたよ。1人ではありません…)

そんな時代からは考えられないくらい、今やデリバリーの進化が進んでいます。
そう、「UBER eats」!!

よく聞くけど、それってなんなの!?って方に、簡単に説明しますと、スマホアプリでオーダー注文をすると、事前登録を済ませた一般人ドライバーが、従来配達員を抱えていない地元の飲食店からお料理を運んでくれるというサービスなんです。つまり、1人できりもりしているカレー屋さんなんかも、UBER eatsのドライバーさんが引き取りに来てくれるので宅配業務をスタートでき、私達も今まででは「宅配でお馴染みのお店(ピザかうどんか寿司か…)」しか選択肢がなかったのですが、一気に選べるお店が増えるんです。

そこで我が家がこよなく愛する「はらいそスパークル」というカレー屋さん。
カウンターしかなく、子連れで長居はできないし、混んでいたら提供時間が読めず、並ぶわけにもいかず、でもジョルさんのカレーは毎日飲みたいほど美味しいし…

そんなお店の味が、自宅でも味わえるということなんですよ。これはもぅ革命的に素晴らしいサービス!
「今日は晩ごはん作る時間なさそう」or「えぇーい!たまにはマイクロズボラするぞ~!」って日は、ポチポチっとスマホからメニューを選択。
今すぐに配達希望もできますし、事前に配達時刻の予約もできます。なにより、支払いが事前にカード決済なので、ピンポーンときたら、ドアを開けて受け取るだけ。現金のやり取りや、「すいません、おつりないんで崩してきます…」みたいな無駄なやりとりもなし。

「はらいそスペシャル」を、大好きなビールと、ゆっくりテレビを見ながら食べられるなんて!!
高級レストランを上回る幸せ~♪(実際、子連れでは外食も優雅に楽しめないので、寝静まってからのこの至福のひと時はプライスレス!!)

どんな風に届くの?と、疑問だったのですが、全て個別にパッキングされており、全ての容器がそのままレンジで温められるので、もしも冷めてしまっても大丈夫。

そして、アプリを見ると、地図上でどこに自分のカレーを乗せたバイクがいるか、一目でわかり、そのバイクマークが時徐々に自宅に近づいてくる様子もいつでも確認できるんです。
予想到着時刻も見られます。

昨夜は、まるでお店のようにお皿に乗せて盛り付けてみました。
今月中は配達料が無料なので2400円で夕飯が食べられるとなると、たまにはこんな夜もありかなと思います!いや、2日に1回は頼みたいくらいに溺愛です。
UBER eatsという新サービスの登場によって、エンタメ感が際立っており、「嫁、手抜き感」が一切出ないという魔法。

いや~ほんとにありがたいです。
まだ提供エリアが大阪市内の一部だけの様なので、今後関西に広まっていくことを願います。
玄関で支払い不要というのは、たとえば自宅に義両親が来ていて、自分が不在の場合なども、「ランチ届きますので食べてくださいね~!」ってな遠隔操作も可能ですね。ママ友ランチも、急な集まりも、ホームパーティーも、無限に楽しみ方が広がりそうです。

Share

この記事のライター

永田尚子
編集長永田尚子
整理収納アドバイザー。 主婦だって野心を叶えたい!水面下ではバタバタともがきつつも、「やるべき家事」と「やりたいこと」のバランスを追い求めて試行錯誤の日々。2男児の母。
  • Instagram
このライターの記事を読む