ページ内を移動するためのリンクです。

食品展示会レポート!〈気になった商品をご紹介②〉

甘酒

秋めいてきて過ごしやすい季節が戻ってきました。
食欲の秋…そう、私の胃袋が最も活動的になる季節です。

夏にお邪魔した食品展示会で気になった商品の食品展示会レポート!〈気になった商品をご紹介①〉に続き、今回は甘酒とにんにく卵黄をご紹介します。

糖質オフでも美味しい甘酒

糖質オフ 甘酒

こちらの甘酒、「糖質オフ」なのが特徴。
もちろんお砂糖も不使用です。

米麹で作られる甘酒も多いですが、こちらはまろやかで奥深い美酒として名高い秋田銘醸「美酒爛漫」の『酒かす』を使用しています。

小包装 甘酒

この甘酒で私が最も気に入ったポイントは、粉末タイプで持ち歩きができるということ。
出先でも旅先でも、水さえあればすぐに飲めるのが嬉しいです。

お砂糖不使用と先ほど申し上げましたが、お砂糖の代わりに使用されているのが天然甘味料「ラカントスイートパウダー」。
実質糖質ゼロ。
「羅漢果(ラカンカ)」の高純度エキスとトウモロコシの発酵から得られる天然甘味料成分「エリスリトール」、2つの天然素材から作られた安心でカロリーゼロの自然派甘味料を使用しています。

甘酒

 

スーパーなどで売っているタイプは、量が多いものがほとんどで、我が家のように甘酒ラバーが私だけといった家庭にはなかなか購入の敷居が高いのが現状です。
その点、この商品であれば一人分から気軽に作れるため、劣化の心配もなく好きなときに好きな分だけ楽しめるのがありがたいです。

〈熟撰〉ヨード卵・光 黒酢黒にんにく卵黄

黒にんにく卵黄

2つ目は黒にんにく卵黄のご紹介です。

「にんにく卵黄、ってなに!?私たち世代も飲むもの??」とこれまであまり馴染みがなかったのが正直なところですが、説明を受けて納得。
こちらの商品に使われている黒酢と黒にんにくはスーパーフード。
毎日せっせと摂取していたスーパーフードだったのです。

黒酢と黒にんにくについてもう少し詳しくご紹介します。

まず黒酢。こちらは200年あまり続く伝統のツボ作り製法で作られた福山産黒酢だけを使用。
太陽と自然の微生物のみの力で発酵させた黒酢です。

そして黒にんにく。黒にんにくには多くの種類があり、投下によってただ 色が黒くなっているだけの黒にんにくも多い存在するそう。
しかしこちらは無水発酵にこだわり続ける「元気」の無水発酵黒にんにくのみを使用。

黒酢、黒にんにく、どちらも「発酵」にこだわっているというのが特徴です。

また、卵にもこだわりが。
40年の歴史ある、日本で最初のブランド卵「ヨード卵・光」を初めてにんにく卵黄にし、他にはないとのことです。

にんにく卵黄 中身

こんな小さな黒い粒に、たくさんのこだわりが詰まっているだなんて!!
しかも、この小さな粒に「光」って書いてるんです。可愛い〜!!

袋のまま持ち歩かなくても、ピルケースにその日必要な分だけ持ち歩けばよりスマートで可愛い。
新しい習慣を始めました。

 

さて今回は甘酒と黒にんにく卵黄をご紹介しました。
飲料や健康補助食品はすぐに生活に取り入れられるのがいいところ。
この秋新しい習慣を取り入れてみませんか。

Share

この記事のライター

塔筋真弓
塔筋真弓
「ALOHA JOURNAL」「HOLOHOLO PICNIC」主宰 / 「kai pearl」オーナー。 生まれながらの食いしん坊で大雑把。おっちょこちょいがゆえ、出来過ぎ(!?)な夫に救われる日々。家族でハワイ移住を夢みる、1男1女1匹(犬)の母。
このライターの記事を読む