ページ内を移動するためのリンクです。

天体観測ができる!満月の日限定開催。赤穂の満月BARへ行ってみた。

満月、ちゃんと見たことはありますか?
私個人的には、満月の夜に長男を出産して以来、やっぱり月のパワーっていうものをなんとなく感じています。
嘘です。
本当はセーラームーン世代のせいです。

でも満月って本当にきれいですよね。
一度はこう、BUMP OF CHIKENが震えるほど見えないものを見ようとしてみたかったんですよね~!
そんな満月だった3/31、赤穂に住む友人に誘われて「満月バー」というイベントに参加してきました。

満月の夜だけに開催されるイベントなんです。
始めに5000円分のチケットを買って、ドリンクもフードも一律500円。誰かと共有してもいいし、残ったら清算もしてもらえます。
気軽に参加できていいですよね。

目がなくなるほど笑っている彼女は、赤穂の親善大使かゆるキャラかというほど、会う人会う人に挨拶しまくる顔の広さにびっくりしますが、牡蠣屋の三女の船曳晶子ちゃんです。
オイスターシスターズとして、赤穂を盛り上げています。

フードメニューはあの予約の取れないPizzeriaさくらぐみさんのもの。
どれも500円で味わえるんですよ~!!
こんなにスペシャルな夜があるなんて夢のようです。

このあたりから写真がブレはじめてることが、よくわかりますね。(笑)

飲みイベントは、福島バルや南船場バルなど、いろんなのがありますが、ここの特徴は満月の日にしか開催しないことと、その満月を巨大な望遠鏡で覗かせてもらえるということ。

 

これは、望遠鏡に一眼レフのレンズをくっつけて撮影したものです。
ぞわぞわ~って鳥肌立ちました!
あれ?よく見ると…自転車の少年が横断・・・してませんね。
でもそれくらい非現実な存在だった月面を少し近くに感じられる夜でした。

肉眼にはこんなに小さく見えているんですけどね。

iPhoneだって、ちゃんと撮影できるんです。
望遠鏡の持ち主の方が、ちゃんとサポートしてくれるので綺麗に撮れます。

そう、最初のほうに載せたこの写真は実はiPhoneで撮ったもの。
綺麗でしょーーー!!!
ウサギが餅つきはしてませんでしたが、自分でこんな写真が撮れると思っていなかったのですごくうれしかったです。
子供たちに、望遠鏡で月を見せる経験はさせてやりたいなと思ってる方、結構いらっしゃると思うんです。
是非、これからの季節は気温も上がるのでご家族で行ってみてはいかがでしょうか?


【赤穂 満月バー】
 満月の夜、18:30頃~21:30頃まで、食材無くなり次第終了です。
オープンシニアワインアドバイザーの岡田さんがワインをセレクト、ワインに合う「nico」のパンの盛り合わせを楽しんで下さい!
まずは5000円分のチケット購入して頂き、食事やワインにご利用いただきます。
最初にオードブルまたは単品一品の購入をおねがいします。
チケットの残りは返金いたしますので、お帰りの際に必ず精算お願いいたします。
場所:お城通り麺坊にて

※開催情報は「播州赤穂どっとこむ」をご覧ください。

 

Share

この記事のライター

永田尚子
編集長永田尚子
整理収納アドバイザー。 主婦だって野心を叶えたい!水面下ではバタバタともがきつつも、「やるべき家事」と「やりたいこと」のバランスを追い求めて試行錯誤の日々。2男児の母。
  • Instagram
このライターの記事を読む