ページ内を移動するためのリンクです。

バルミューダを手に入れるまでかかった期間4ヶ月。

おはようございます。
朝ごはん、食べましたか?
米派ですか!?それとも、パン派でしょうか?

私は、断然パンです。
珈琲とパン。

最近どこに行ってもバルミューダのトースターが置いてあるじゃないですか。
ホテルの朝食や、パンだけお代わり自由のイタリアンなんかもランチタイムはバルミューダがドーーーン。
いたって普通の喫茶店でも、キッチン覗いたらバルミューダ!
ビュッフェなんかはもう、絶対に迷わずバルミューダに一番近い席に陣取ってパン食べまくるんです。

しかし、高い・・・
トースターに2万超えとは・・・

そこで考えました。
そうだ!不用品を手放して、素敵な朝を手に入れよう!

「たくさんの中から1つを選ぶ時は、まず判断軸となるものを決めてそれと何かを比較すればいい」と
こんな言葉がありました。

比較しました。

毎朝の美味しいトーストVSもう着なさそうなワンピース

カーンッ!トーストの勝利。

毎朝の美味しいトーストVS使いかけのマニキュア3本セット

カーンッッッッ!トーストの勝利。

そんな風に、身の回りの断捨離も「美味しいトーストと熱々のコーヒー」を対戦相手に配置したら、ほぼ勝てるものはなく、つまり全て手放せるじゃないかと言う結論に至りました。(パン強っ!)

そこから目標額達成までは約4ヶ月。
日々コツコツと、売れそうなものを探し、みつけては写真を撮って出品。
売れたら発送。

そんな地道な小商いの甲斐もあって、ついに、ついに、手に入れました!!!!

嬉しくて、乃が美の食パンを買ってきてと夫にお願い。
友人からは、ヨシカワの絶品食パンをもらい、通りすがりのパンとエスプレッソとで、運良くムーもGET!
ひゃっほー!!3種食べ比べやで〜!!

いや、もぅ感動もの。
バルミューダの特徴として、本体上部に水を5cc入れるんですが、そのスチームの力なのか、もちもちのパリパリ。
ただ、ただ、私の最大のミスというか・・・

「もともと美味しいパンを焼いても美味しいに決まってる」と言う点。

そして、友人からもらった手作りのアボカドディップ。
これがまたよく合うんです。
アボカド、玉ねぎみじん切り、ツナ(ささみでもよい)、マヨ、レモン汁(酸化防止要員)、ナッツ(食感要員。つまりカシューナッツでもクルミでもなんでもよい)、そして塩胡椒を混ぜるだけ。
これは是非、我が家でもレギュラーに加えたいお手軽なごちそうです。

感想としては、「不用品、パンを上回るものなし」。
かかった期間、4ヶ月。
かかった労力、まぁまぁ。
でも欲しいものを買っていいのかどうだかわからないとき、家にモノはたくさんあるしなぁ、また増やすのもなぁなんてときは、手放してから買うというサイクルがすごく気持ちがいいなと感じました。
家族が何か買おうとしている時、周りは「それいる?」ってなる時、不用品から資金調達という技は周りを説得する力も備わっているように思います。

いとしのバルミューダちゃん。
これからも、丁寧に丁寧に磨き上げながら
なんといっても初めて自分で買った調理家電なもので!愛着もたっぷり。

ただし、個人のやりとりになりますのでフリマアプリについては自己責任でお願いしますね。
こんな方法もあるよっという、主婦のワザでした。

Share

この記事のライター

永田尚子
編集長永田尚子
整理収納アドバイザー。 主婦だって野心を叶えたい!水面下ではバタバタともがきつつも、「やるべき家事」と「やりたいこと」のバランスを追い求めて試行錯誤の日々。2男児の母。
  • Instagram
このライターの記事を読む