ページ内を移動するためのリンクです。

岡本のナイーフで、プチプラ食器探し!

「雑貨屋」…それは、何を買うでもないくせに女子がつい足を止めて入りたがるお店の総称。
中川家のネタでも「うちの嫁はん、IKEAを2時間ぶらぶらして、ランチョンマット1枚て!もっと、北欧の家具とか買わんかい!」と言ってましたが、それが楽しいんですよね~!

アレもええな~コレもええな~
あぁこんな暮らし素敵やな~
憧れと現実のはざまを行ったり来たり。

雑貨というと、手ごろな価格というのもまた魅力なんですよね。
インテリアと違って、あれこれ考えなくても大人なら買えるアンダー1000円で、もしかしたら明日の朝から素敵な朝食タイムが実現するかも♪と、夢みたいんです。

そんな雑貨好き女子にオススメしたいのが、岡本にありますNAIFS(ナイーフ)さん。
岡本駅から徒歩5分くらいでしょうか?
入口にはカゴがずらーっと、まるでバンコクのマルシェのような雰囲気で期待に胸が膨らみます。

一歩入ると、なつかしの駄菓子屋さんのごとく、所狭しとこまごましたものがギュウギュウに並んでいます。
価格も「インドのスプーン 80円」みたいな驚き価格のものから、これ何に使うねんっていう謎な置物までとにかく全部手に取りたくなるんです。

ガラスのコップ一つにしてもこんなに種類が豊富。
裏には、値札が貼ってあるのですが、ドイツ、ベルギー、タイ、などどこの国からやってきたものか書かれているのもまた楽しい。

空き瓶でさえも欲しくなるのはナイーフマジックですね。
神戸のオシャレ女子の間では有名なお店らしいのですが、意外と知らない人も多いようです。
このエリアは、パン屋があったり、カフェがあったり、雑貨屋も多く、ちょっとした散歩道みたいになっているので「今日何しようかな?」って日にブラつくには最適。
ナイーフの道を挟んで向かい側にはランチタイムには行列ができる四川という美味しい中華料理屋さんもあります。

今回私が購入したのは、こちら。
ランチョンマットや、キッチンタオル、インドのランプとトルコの(何入れ?)謎の柄杓のようなもの。数日後には息子がお風呂で遊んでそうなものですね。。。。
水色のマグはMade in JAPANなんですよ。1つは以前ここで購入してから愛用していたので、2つ目を購入しました。
Stringは包装用の紐です。

女子の夢が詰まった雑貨屋。
ぜひ、世界旅行気分で出かけてください。
買いすぎても大丈夫!近くに郵便局があるのでそこから自宅配送すればOKです。笑

 

NAIFS(ナイーフ)

営業:10時~20時
定休日:木
休業:年末年始、お盆
所在地 :〒658-0003  兵庫県神戸市東灘区本山北町3-6-2 MAP
交通アクセス :阪急神戸線岡本駅南口より南へ徒歩4分

Share

この記事のライター

永田尚子
編集長永田尚子
整理収納アドバイザー。 主婦だって野心を叶えたい!水面下ではバタバタともがきつつも、「やるべき家事」と「やりたいこと」のバランスを追い求めて試行錯誤の日々。2男児の母。
  • Instagram
このライターの記事を読む