ページ内を移動するためのリンクです。

焼かない&失敗なし◆オレオのレアチーズケーキ

お菓子を作るようになったのは、ここ1年。
次男の出産祝いにシフォンケーキの型を友人にもらい、そこからその面白さに魅了されました。
器用でもなんでもなくて、子供が二人になり、食べたいときに食べたいお菓子を入手することが難しく、誰かに会う時に手土産を買うという1クッションすらパワーのいる行動になってしまったので、それなら作ってしまおうと思って簡単なレシピを見つけては試しています。

 

そんな中で、ずっとリピートしているのがオレオのレアチーズケーキ。
材料は、
・オレオ 9枚
・バター 20g
※型のサイズや好みの高さに合わせてボトムの分量は調整してくださいね。
・生クリーム 200ml
・クリームチーズ 200g ※冷蔵庫から出して室温で柔らかくしておく
・ヨーグルト 100~200g(濃厚が好きな人は少なめ、さっぱりが好きな人は多め)
・砂糖 50~80g(お好みで)
・レモン果汁 適量
・ゼラチン適量 (説明書き通りにふやかすなどしておく)

 

オレオはクリームがサンドされた状態のまま、袋にいれて麺棒や瓶などでたたきます。
このとき、袋は2重にしておくと破れて出てくることも防げます。
細かくなったら、レンジでチンして溶かしたバターを袋の中に入れてしっかり揉みこみます。

バターが全体にいきわたり、しっとりしたら、クッキングシートを敷いた型(お弁当箱などで可)にマッシャーやフォークを押し付けていきます。
また、一人ずつのカップデザートにする場合はシートはなしで、大丈夫です。

室温で柔らかくなったクリームチーズを、泡だて器で混ぜます。
このとき、まだクリームチーズが混ぜられる状態ではなかった場合は耐熱皿に移してレンジでチンすると◎
砂糖、生クリーム、ヨーグルト、をよく混ぜます。
この時、味見をしてお砂糖の調整をしてもかまいません。どれも生のまま食べられる素材を使っており、十分においしいので味見のしすぎに注意!

すべてが混ざったらレモンを絞り、ふやかしたゼラチンを入れてよく混ぜます。

あとは、型に流し込んで冷やすだけです。

入りきらなかったオレオはグラスに敷いてカップデザートにもしてみましたが、こちらも食べやすいのでおすすめです。

上からココアパウダーをかければ、ティラミス風に仕上がりますよ~!
お弁当箱やバットで作った大型のほうは、型から出して切り分けて召し上がれ。
お菓子作りの不安といえば、膨らまない、焦げる、しぼむ、ですが、焼かないのでその心配はなし。
オレオは確実においしいので、その上においしいものだけを乗せて冷やすだけです。
ぜひ、試してみてください♪

Share

この記事のライター

永田尚子
編集長永田尚子
整理収納アドバイザー。 主婦だって野心を叶えたい!水面下ではバタバタともがきつつも、「やるべき家事」と「やりたいこと」のバランスを追い求めて試行錯誤の日々。2男児の母。
このライターの記事を読む