ページ内を移動するためのリンクです。

感動オリーブオイル!?素材がそのままごちそうに編

焼いただけの鮭。
これが、単なる「焼き魚」として定食屋のメインになるのか、「サーモンのソテー」と名を変えて食卓のごちそうになるのか、その分かれ目は一体どこにあるのか。
大阪の某家族代表主婦として我が家の食卓研究してみた結果、答えは簡単に出ました。

そう、オイルだったんです。
最近友人が「オリーブオイルにハマってるねん~!サラダ油は、揚げ物はカラッと揚がるけど、それ以外には体のこと考えるとたくさん使いたくなくて。」と言っていたのを思い出しました。

そこで贅沢にも焼き鮭にぶっかけたのは、感動オリーブオイルとして話題のAMARO Prestige(アマロプレステージ)。
イキッたパッケージには騙されへんで~と言いたいところですが、見た目だけじゃない実力派。

ご覧ください。
鮭の切り身が、華麗にサーモンのソテーになる瞬間です。
(あぁもはやサーモンになって浴びてみたい)

そして、是非この感動オリーブオイルとマリアージュしていただきたいのは「味噌汁」。
数滴垂らすだけで、鼻に抜けるオリーブの新鮮な香りがふわぁ~っと!
そう、MISO SOUPになるんです。(なりません)
はじめはあまり期待せずに試食してみたのですが、これが美味しい!
温かい汁ものに注ぐことで、より一層蒸気が立ってオリーブを感じる気がしました。
オリーブ畑に顔から突っ込んだような…!(たとえが下手すぎる)

トマトに塩とオリーブオイルなんかはもうご想像の通り美味しいです。

うおぉおおお感動オリーブオイルの底力たるや!

この調子でどうしても煮込み料理にもかけてみたくて、特売スペアリブを大量にストウブで煮込みますよ~!
下茹でして、表面をこんがり焼いておくことで余分な脂を押さえてみました。
あとは、アマロプレステージでガーリックを炒めて、ぶつ切りの玉ねぎとスペアリブを投入。塩コショウ、ローリエ、オレガノ、白ワインとひたひたの水!
ワイルドな男飯だぜ~♪(作っているのは主婦です)

先日、初めて買ってみたレンズ豆もここぞとばかりに入れちゃうぜ~♪
輸入食品が多く揃うオシャレ食品店で手に取ったものの、いつどうやって使うのが正解かわからずに、キッチンの奥に眠ってたレンズ豆ちゃん。

どうやら煮込む場合は、軽く水洗いしてそのまま入れてOKとのこと。

ちょっとアクをとって、引き続き1時間ほど中火でグツグツ。
できたーーーー!

うわぁぁああ!ほったらかしたほうが手の込んだ料理っぽくなるあるある!

友達が来たのではりきってランチの準備をしましたよ~!
メインを鍋ごと出せば、あとはなんとかなるもんですね。

ホタルイカが出てきて春の予感ってことで、どうしても食べたくなり、こちらはわさび醤油でパスタにしました。
菜の花を買ったつもりだったんですが、値段と相談してるうちに諦めた模様!冷蔵庫になかったので買わなかったんでしょう…多分。
代わりにベビーリーフでふわっと盛り付けたら、

「アマロ、いきまーーす!」

ホタルイカさんも、つやっつや。
気づいたんですが、おいしいオリーブオイルは食べる直前に追いがけするのがポイント!

もちろんカプレーゼにも・・・

「アマロ、いきまぁーーーーすっ!!」

なんて贅沢なんや~!平日の昼から何アマロいったことか・・・(幸)

 

子育て中のため、授乳中でお酒が飲めなくても、ちょっといいオリーブオイルで日常がこれだけ華やかに!なおかつ身体にも美容にもいいなら、少々値が張っても常備したい1本。
というかもうそのへんのオリーブオイルでは感動できませんね。
まだまだいろんな合わせ方を研究してみたいです。

Share

この記事のライター

永田尚子
編集長永田尚子
整理収納アドバイザー。 主婦だって野心を叶えたい!水面下ではバタバタともがきつつも、「やるべき家事」と「やりたいこと」のバランスを追い求めて試行錯誤の日々。2男児の母。
  • Instagram
このライターの記事を読む