ページ内を移動するためのリンクです。

LONDON CHRISTMAS PARTY♪

12月17日は、食べるプラス初の公募イベントを開催しました。
パラレルキャリアを応援するTIMサロンさんとのコラボ企画でInstagramのダイレクトメールなどでご応募いただきました約10名の皆さんにお越しいただきました。

会場は北浜の ビタミンパラダイスさん。
 

フラワー&テーブルコーディネイト ayumiさん
スイーツケータリング  rieさん
カメラ ayaさん
保育&司会 chinamiさん

それぞれ本業は別にある中で、その道のスキルアップを日々目指しておられるTIMの4名の方々による、LONDONな空間は、それはそれは素敵でした。ポイントは、クリスマスとはいえ、シックな色使いであること。ハリーポッターのイメージだそうです。
お子様連れ歓迎のイベントでありながらも、ちゃんとお母さんが主役になるような、大満足な大人のティーパーティーでした。

 

 

 

こちらのアドベントは、帰り際に参加者の方へのお土産として。
ちょっとしたことですが、こういった壁を使った演出は部屋に入った時の非日常感にテンションが上がりますよねぇ!

そしてメインイベントは、リース作り。
あゆみ先生の指導のもと、木の土台に、グリーンを差し込んで行く手法です。

飾りは、自分で選べるコーナーがあり、大きなリボンも色違い&柄違いでたくさん用意されている中から自分の好きなものを選べました。
同じように「せーの!」で作り始めても、少しずつ選ぶものや飾る場所が違うだけで、個性的なリースが出来上がりました。

リース作りの最中は、お子様はスタッフで見守り保育をさせてもらいました。
大きい子達は、塗り絵や折り紙で自分からどんどん創作的に遊んでいました。
乳児ちゃんたちは抱っこで、1歳くらいからはボールプールで大はしゃぎ。
このボールプール、今回のイベントをきっかけに用意させてもらったものなんですが、今後もワークショップなどで大活躍しそうです!

 

お母さんがたは、「両手離しで、ものづくりに集中したのいつぶりやろう!?」「リフレッシュしましたーーー!」「子連れだと参加できるイベントが少ないので嬉しいです!」と、喜びの感想を生でいただけて、本当に嬉しかったです。
確かに、私も0歳と初めて過ごした1年間は、区民センターの絵本読み聞かせなどしか行くところがなくて、時間はあるのになぁと退屈な思いをしていました。今となっては、2人目ということもあり、あちこち一緒に出かけていますが、1人目の頃にこういうイベントがあればいくらでも参加したかったです。

ちょっと外の空気を吸って、おしゃべりして、 お茶して、そんなささいなことが、子育て中には宝物のような時間になりました。

私、個人的にずっと気になっていたネイキッドケーキ。
見た目が可愛いだけじゃなく、ちゃんと美味しくて、感動!中はスポンジが二層になっていました。

ツリーとサンタ帽のカップケーキは、可愛すぎて、参加者の全員が一生懸命になって写真に撮っておられたんじゃないでしょうか♪

また、ロンドンの雑貨の販売もありました。
蚤の市のような、雰囲気ですね!どれも思いがこもってセレクトされたような品々がずらりと並び、手書きのメッセージや説明文に愛が溢れていましたよ〜!

今回、紅茶は、ahmadteaのフルーツブレンドをポットサービスでお出ししました。
こちらももちろんLONDONのブランド。
香りがフレッシュで、「美味しい!」と好評でした。
ノンカフェインのシリーズもあるそうで、妊娠中にahmadのものを飲んでたので懐かしいです♪とおっしゃっていた方も。

販売が開始になって間もないリネンブランドのcocochiさんのエプロンも、展示&販売会をしていただきました。

いつも記事を読んでます〜!と言ってくださったり、食べるプラスのハッシュタグキャンペーンにも応募してくださっていたり、日頃はオンラインでしか交流できない編集部の方や読者の方、そのお友達の方などに実際にお会いできて生の感想をたくさんいただけて嬉しかったです。
TIMサロンの4名の方も、細部までこだわってくださって、素敵なロンドンの世界観が北浜に。
そして、会場であるビタミンパラダイスさんの全面協力もあって、大成功でした。

改めて自宅に戻り、自分で作ったリースを壁にかけるとクリスマスムードも一気に高まりました。
こんなに簡単にできるなら来年はたくさん作って配りたい!というほど。

さて、来月はお正月太りを解消せよ〜ってことでピラティスのワークショップがあります。
ぜひ、ご参加お待ちしております。おたのしみに!

Share

この記事のライター

永田尚子
編集長永田尚子
整理収納アドバイザー。 主婦だって野心を叶えたい!水面下ではバタバタともがきつつも、「やるべき家事」と「やりたいこと」のバランスを追い求めて試行錯誤の日々。2男児の母。
  • Instagram
このライターの記事を読む