ページ内を移動するためのリンクです。

春を先取り!旬のイチゴと甘酒の「桜色スムージー」

冬から春にかけて旬を迎えるイチゴ。
甘みと酸味のバランスがよくビタミンCが豊富で大人から子供まで大人気の果物です。

まだまだ寒いけれど、春の気配を感じる3月。旬のイチゴを使って、一足先に春を感じる甘酒スムージーを作ってみませんか?

野菜ソムリエいけごまが、旬の果物を使った簡単でおいしいスムージーレシピをご紹介します。

旬のイチゴの魅力

甘酸っぱさと、食べやすさ、見た目のかわいらしさが人気のイチゴ。

ビタミンCやアントシアニンといった、抗酸化作用のある成分を多く持ち、美味しいだけではなく栄養面も優れています。
特にビタミンCの含有量は多く、およそ5粒で一日の必要な量を摂取できてしまうんです!

また、ビタミンCはコラーゲンの生成を助け、肌の美容と健康を保つ働きや、免疫力を高める効果があるといわれています。

甘酒の魅力

「飲む点滴」とも呼ばれ、栄養価の高さに注目が集まっている甘酒。

ブドウ糖やアミノ酸、ビタミン類などが含まれており、美容や疲労回復効果が期待できます。

また甘酒は、酒粕甘酒と麹甘酒の2種類があります。 日本酒を作る過程で生まれる酒粕を利用して作る酒粕甘酒はアルコールを含みますが、麹甘酒はノンアルコールなので、大人から子供まで安心して楽しめます。

近頃は甘酒専門もあり、フレーバーも豊富でかわいらしい商品が数多く販売されています。

ホットでもアイスでも!イチゴの甘酒ドリンク

材料

・イチゴ…5粒

・甘酒…100ml

・無糖ヨーグルト…大さじ2

作り方

①イチゴは洗ってヘタを取り、キッチンペーパーで水気を取る

②ハンドブレンダーやミキサーで材料すべてを攪拌する

③アイスで飲むならこのままグラスに注いで。
    ホットで飲むなら小鍋でひと煮立ちさせて完成!

かわいらしく栄養満点!朝のエネルギーチャージにも

イチゴの持つ酸味と甘酒のやさしい甘さが引き立つ、体に優しい、目に楽しい一杯が完成。

お好みでハチミツで甘さをプラスするのもおすすめですよ。

三寒四温、寒い日と暖かい日が交互に訪れる不安定なこの時期に、栄養満点でかわいい「旬イチゴと甘酒の桜色スムージー」を作って、体を大切にしながら春を迎えませんか?

 

執筆:野菜ソムリエ・いけごま

Share

この記事のライター

酒小町 (さけこまち)
酒小町 (さけこまち)
日本酒を、もっと身近に。酒小町は、女性クリエイターからはじまった #日本酒がある暮らし をコンセプトにしたメディア&コミュニティ。毎日をごきげんに過ごすためのヒントをお届けします。
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
このライターの記事を読む