ページ内を移動するためのリンクです。

無印のキットでヘクセンハウス作り!

毎年クリスマスのシーズンになると、息子が作りたがるヘクセンハウス。

私も小さい頃何度も憧れた、夢いっぱいのお菓子の家!

ただ、なんか難しそう...なんか時間かかりそう...正直少し敷居が高そうですよね。

そこで今年は、前から気になっていた無印良品のヘクセンハウスキットを使って、思い切って挑戦してみることに! 息子も6歳になったので、これなら親子でできるかな(^^)

クッキーミックスなどの粉類はもともとキットの中に含まれているので、自分で用意するのはこちらのみ⇩ 家にあるもので揃うのが嬉しいですね。

作り方は溶かしバターを入れたボウルにきび砂糖、粉類など材料をどんどん入れて混ぜていくだけ。粉気がなくなるまで練るのに少し力が入りますが、作業自体はお子さんもできる簡単なもの。ぜひここは親子で挑戦してみてくださいね!

出来上がった生地を3ブロックに分けてそれぞれにココアパウダーと抹茶パウダーを混ぜ込み、3色の生地を作ります。

 

3種類できたら冷凍庫で15分、生地を休ませます。

※我が家の場合は息子の集中力が切れ始めたので1日目の作業はここで強制終了!(笑) 冷蔵庫に入れて生地を一晩休ませました。

さあ2日目!

今日は生地を焼く作業です!正直、この日の作業が一番大変でした(笑)。。。

キットに入っている細かい敷紙をハサミで切り、綿棒で薄く伸ばした生地に当てて包丁でカットしていきます。包丁を使う細かい作業なので、ここは大人の方がした方がいいかも!

細かい部品をたくさん焼くのでオーブンはフル回転!型に切っては焼き、切っては焼き、を繰り返し...

やっと焼き終わった〜!!!どれがハシゴでどれが窓枠か正直よく分からなくなってますが、とりあえずパーツは揃いました!冷ます必要があるのと、この時点で私の体力の限界がきたのとで、2日目の作業はここで終了。。。家を建てるってやっぱり根気がいりますね!

 

・・・さあ3日目。やっと、やっと、組み立て作業!きっとここはお子様と楽しくできるかと(^^) 付属の粉糖に卵白を混ぜて接着剤がわりのアイシングを作り、順番に組み立てていきます!

それぞれの箇所のアイシングが固まるまで数分時間がかかるので、「そこ持っててー!」「ちょっと支えててー!」と、息子の協力が必須。張り切ってサポートしてくれて本人も嬉しそうでした。そして作業が続くこと約1時間...

完成〜!!!はあ、なんという達成感!(笑)

無印の商品パッケージのように綺麗では無いかもしれませんが、6歳の息子とここまで作れたら大満足です!そしてこれね、余った生地を味見してみたのですが、生地もちゃんと美味しいんです!息子は作った瞬間から「いつ食べるの?いつ食べるの?」ばかり聞いてきて、正直作成に3日かかった身としてはこのまま食べずに一生飾ってほしいくらい。。。

でもやはり出来立ての方が美味しいはずなので、家の周りのハシゴや木、看板など当たり障り無さそうな部分から食していこうと思います(笑)

作る楽しみ、見る楽しみ、食べる楽しみ。途中根気のいる作業もありますが、とっても満足感、達成感のある楽しい時間でした(^^) 何より、いつかやってみたいな〜が実現できたことが嬉しかったです!

コロナでおうち時間が増えている今年のクリスマスこそ、ぜひ親子で挑戦してみてくださいね!

皆様、素敵なクリスマスを〜⭐︎

 

Share

この記事のライター

田中彩佳
田中彩佳
製菓衛生師/フードコーディネーター。 大阪府在住。戦隊モノと昆虫を愛する息子と主人の3人暮らし。 焼き菓子作りとグラノーラと酵素玄米を愛してます。今はカフェで販売する焼き菓子作りの仕事をしています。テーブルコーディネーターの資格も取得。
  • Instagram
このライターの記事を読む