ページ内を移動するためのリンクです。

サバ缶でお手軽鯖カレー

コロナによる長期自粛期間も終わりましたが、我が家では未だ夫の在宅ワークは続いており、朝、昼、夜・・・と毎日のご飯の献立に追われる日々です。子供も一緒の夜ご飯はともかく、何がちょっと面倒くさい…(小声)って、夫の昼ご飯。

納豆とご飯さえあれば毎日同じでも幸せな私は、近い将来、この現実に家庭内小爆発を起こす時が来るなと自分でわかっていたので、自粛が始まって早々に夫に提案しました。

とりあえず好きな缶詰を買ってきて、昼ご飯はそれをご飯のお供にしよう」

この提案は夫に好評で、とりあえずお米だけ炊きさえすれば、「今日は何の缶詰にしようかな〜」とルンルンで選んでいる様子。私の心の余裕に合わせて、焼き鳥の缶詰をアレンジして親子丼にする日もあれば、イカの缶詰そのままボーンと食卓に上がる日もあり、山超え谷越えながら、なんとか最初の1、2ヶ月を乗り切りました。

そして3、4ヶ月目に突入。果てしない缶詰の日々…ついに…ついに…二人とも飽きてきてしまった(笑)!!でもまだまだあるのです、我が家には。夫が買い込んだ缶詰が。

それならばせっかくの食材、有効に活用せねばと缶詰ストックの山をかき分ける私の目に入ってきたのが、この可愛い鯖缶!
キョクヨーの「さばinオリーブオイル」 

鯖をエキストラバージンオイルに漬け、ローリエ粉末とロレーヌ岩塩を使ってシンプルに味付けされているので鯖の臭みもあまり感じないように思います。何より、このパッケージが可愛いですよね!オリーブオイル使用なのも女性には嬉しいところ。
今回はこのおしゃれ鯖缶を使って、鯖カレーを作ってみることに。

 ●鯖カレー(2人分)●

<材料>
 鯖缶(今回は「さばinオリーブオイル」使用)・・・1缶
 トマトジュース ・・・400ml (もちろんトマト缶でも大丈夫です)
    玉葱      ・・・1個
 おろしニンニク ・・・少々
 おろし生姜   ・・・少々
 味噌      ・・・大さじ1
 醤油      ・・・大さじ1
 みりん     ・・・大さじ1
 カレー粉    ・・・大さじ2分の1(我が家は子どもも食べるので辛さ控えめにしてます)
 牛乳      ・・・200ml
 塩胡椒     ・・・少々

<作り方>
1、お鍋にオリーブオイル、おろしニンニク、おろし生姜を入れ、香りが出たらみじん切りにした玉葱(我が家のみじん切りは大粒!笑)を加えて、きつね色になるまで炒める。

2、鯖缶をオイルごと入れてほぐしながら炒め、トマトジュースも加える。

ちなみに我が家ではこのKAGOME「あまいトマト」を愛飲しています。甘くてとても美味しい!

3、グツグツ煮えたら、味噌、醤油、みりん、カレー粉を加える。最後に塩胡椒で味の調整し、汁気がなくなるまで弱中火でじっくり煮詰めて完成!
鯖の臭みやトマトの酸味が気になったら牛乳を加えるとマイルドになります。

鯖が入ることで少し煮込むだけでも味に深みが出て、簡単なのに豪華に見えて我が家では大好評でした。カレー粉を多めに入れればよりスパイシーになるので暑い夏にもオススメです!

缶詰は長期保存ができるので、ストックしておけばパッと使える便利な食材です。
鯖に関しては骨も調理済みなので包丁いらずですぐお鍋に入れらえるのも忙しい時にはありがたいですよね。
まだまだ缶詰ストック山盛りの我が家…アレンジレシピ考案に奮闘する日々です〜!

   
 
 

 

Share

この記事のライター

田中彩佳
田中彩佳
製菓衛生師/フードコーディネーター。 大阪府在住。戦隊モノと昆虫を愛する息子と主人の3人暮らし。 焼き菓子作りとグラノーラと酵素玄米を愛してます。今はカフェで販売する焼き菓子作りの仕事をしています。テーブルコーディネーターの資格も取得。
  • Instagram
このライターの記事を読む